仮想通貨とは?分かりやす基礎基本をまとめてみた

今話題の仮想通貨、一体なんなのか?怪しいな?と思いながらも気になっている方も多いのではないでしょうか。
このサイトでは仮想通貨の基礎基本について情報発信をすることで仮想通貨をもっと身近に感じていただければと思います。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは簡単に言うと、形が存在しない通貨です。ドルやユーロや円と違い形が存在しないインターネット上のシステムで管理された通貨の事を言います。

2017年現在、仮想通貨の種類はおよそ1000種類にまで増えており、価格はこの2017年に急激に上昇をし続けています。

仮想通貨とドルや円などの通貨は形が有るか?無いか?の違いだけなのでしょうか?

仮想通貨の大きな特徴

ドルと円などの通貨と仮想通貨は形が有無だけでなく、他にも大きな違いがあります。

その1,中央集権が存在しない

仮想通貨にはドルやユーロ、円のような中央銀行となる発行主体が存在しません。
つまり通貨の供給量を政府が主体となってコントロールし価値を変動させる事は不可能です。
これを非中央集権型と呼んでいます。

その2,無国籍通貨と呼ばれる

たとえば海外旅行などで買い物をする場合、その国の独自の通貨が必要なため円を旅先の法廷通貨に両替しなければなりません。しかし、ビットコイン決済が導入されているお店であれば世界中どこでもビットコインを使って支払いをすることが可能になります。

つまり、世界共通で使える非常に便利な無国籍通貨と言えるでしょう。

その3,送金の早い

まずビットコインを中心とした仮想通貨は土日や祝日を問わず、いつでも送金をすることができます。
また、送金手数料も銀行での海外送金と比較すると圧倒的に安く済んでしまいます。(現在のビットコインでの送金はビットコインが高騰してる関係で安くはありませんが・・・・・)

ビットコイン以外の仮想通貨を使った送金は今でも手数料は安く抑えらています。

最初の仮想通貨ビットコインとは?

仮想通貨の中でも最も広く知られているのがビットコインではないでしょうか。

ビットコインはsatoshi nakamoto(サトシ ナカモト)によって2009年1月に生み出されて仮想通貨で、発行量が21000万枚と定めれています。

2009年10月ビットコインと法定通貨の交換レートが初めて提示されました。この時の価格は1ドル1,309.03BTC、日本円で1BTC約0.07円となります。

2017年12月現在では1BTCが200万円をつけており、当時からすると2800万倍まで高騰しているので。

そして2010年5月にピザ2枚(約25ドル)と10,000BTCとが交換されました、これが初めての実店舗決済と言われています。

ビットコインの技術を支えるブロックチェーン

そしてビットコインを語る上で欠かせないのがビットコインを支える技術で有名なブロックチェーンではないでしょうか?

ブロックチェーンとは複数のビットコインの取引データ(トランザクション)をまとめてブロック化して繋げていく技術の事を言います。

ここでポイントになるのが、ブロックチェーンは一つの中央サーバーで管理されるのではなく、複数のユーザーのサーバーで分散され管理されることになります。このため、ハッキングなどに強くサーバーの管理も低コストで運用する事が可能になり、画期的な技術と言われています。

つまり、簡単に言うと、銀行などの中央が存在しない、しかしサーバー管理は世界中に分散されているためハッキングなどが出来ない。公共性が高いのにセキリティが強いという今までに存在しなかった技術なのです。

電子マネーと仮想通貨の違い

一見、電子マネーと仮想通貨?一緒じゃないの?と思われることも少なくはないかと思います。
では、仮想通貨と電子マネーはどう違うのか?みていきたいと思います

まず、ビットコインなどの仮想通貨には発行体は存在しません。しかし、電子マネーはあくまで日本銀行が発行した日本円を端末やカードにチャージすることになります。あくまで電子マネーは「円」である事をご理解いただけるだろうか。

そして、ビットコインをお店で決済通貨として使用した場合、お店側に入るのは円ではなくビットコインが入る事になります。つまり、電子マネーは法定通貨を電子化しただけのマネーなのです。それに対してビットコインなどの仮想通貨はそれ自体が通貨として存在しているものになります。

電子マネーは法定通貨を電子化しただけ。
仮想通貨はそれ自体が通貨として存在するもの。

になります。

仮想通貨を取り扱う場合の注意点

ここまで読んで頂いた方は仮想通貨に興味を持たれたかたも多いのではないでしょうか。
しかし、仮想通貨を取り扱う場合にはいくつか注意しておかなければならないことがあります。
こちらもしっかり理解しておきましょう。

変動幅

ビットコインをはじめとする仮想通貨は1日で価格が2倍にな日もあれば半分になることもあります。
ですので、現物取引と言えど軽い気持ちで購入してしまうとタイミングによっては痛い目にあってしまうこともありますので注意が必要です。

利益には税金がかかる

現在、仮想通貨の投資をすると100万円の原資が1000万になることは普通になっています。しかし、浮かれてはいけないのが税金です。仮想通貨にかかる税金は雑所得と決められており、個人口座で売買あをした場合、損益通算が出来ない仕組みとなっております。利益確定して、お金を銀行に引き出す際は税金がどれだけかかるかを税務に詳しい方に聞いておくことをおすすめいたします。

セキリティー・二段階承認

たまに、仮想通貨が盗まれた!というニュースが出ていますが、大抵の場合個人の責任の問題が多くなっています。
仮想通貨の取引所は全て二段階承認を推奨しており、盗まれたユーザーのほとんどが二段階認証をしていなかったことが多く散見されます。よっぽどの事がないと取引所の落ち度で盗まれることはありませんので個人でやるべき管理だけしっかししておきましょう。

仮想通貨を買う方法

最後に仮想通貨を購入する方法について簡単にお伝えします。
仮想通貨の取引をする場合、取引所の口座開設が必要になります。

取引所とは仮想通貨を買いたい人と売りたい人を結びつける場所です。株で言うと証券会社の証券口座だと思ったら簡単です。

現在日本にはビットフライヤー・コインチェック・ザイフなどを中心として数多くの取引所が存在しています。
まずは日本の会社がやっている取引所を選ぶとわかりやすいのではないでしょうか。

まとめ

仮想通貨について簡単にまとめてみました。
仮想通貨を取り扱ってみたい、ビットコインって何なのか?気になるかたは一度口座を開設してみて、1つでも通貨を購入してみることをおすすめいたします。すると、仮想通貨がどんなものなのかわかっていただけるのではないでしょうか。最後に、「投資は自己責任ですので、そちらだけご注意くださいませ」

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です