仮想通貨の代表ビットコインとは

みなさんビットコインをきっかけに仮想通貨に興味を持たれた方が多いのではないでしょうか。今回はそのビットコインについて深堀りしていきたいと思います。

ビットコインとは

ビットコインとは仮想通貨の中でも最初に生まれた通貨で、インターネット上で発行(マイニング)が行われる分散型仮想通貨の事を言います。

またP2Pネットワークを使い世界中の人々と通貨のやりとりが出来てしまう、画期的な通貨です。

インターネット上の通貨という事で通貨の安全性はどうなのか?と思われる方も少なくはないと思いますがビットコインはブロックチェーンという分散型基調台帳に取引の記録であるトランザクションを記録し複数のトランザクションをまとめてブロック化されていくのですが、このブロック化された情報は一つのサーバーではなく、世界中のユーザーのサーバーで管理するためハッキングすることは不可能と言われています。

ビットコインの歴史

ところでビットコインはどのような背景から生まれたのでしょうか?

2008年にサトシ・ナカモトという人物が『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』(ビットコイン:P2P 電子マネーシステム)という論文を投稿してきました。

この論文の内容を簡単に紹介すると、従来の管理者が通貨を発行するという仕組みではなく、P2Pの仕組みを利用して分散処理し、
暗号化の技術と組み合わせることで、ビットコインの信頼性を担保するというものでした。

この考えに多くの賛同者が現れ2009年にビットコインは発行されたのです。

その後2010年5月にピザ二枚と10000万BTCが交換されたのですが、これが最初のビットコイン決済と言われています。

ブロックチェーンとは

そもそもブロックチェーンからビットコインが生まれたと思われている方が多いようですが、逆です。ビットコインを作る上で生まれたのがブロックチェーンです。

ブロックチェーンを簡単に言うと「皆で監視し合う分散型の監視システム」です。
分散型のコンピューターネットワークになっており、銀行のシステムのように一つのサーバーで管理されているわけではありません。全世界のユーザーのサーバーを駆使し管理される仕組みになっています。

したがってハッキングをしようとしてとしても、全世界のサーバーに対して一気に仕掛けなければならないため事実上ハッキングは出来ないと言われています。

ブロックチェーンが生まれる前は銀行やVISA,paypalなどの中央である第三者が存在しなければなりませんでした。
つまり毎回再三者が売り手と買い手の間に入ってトランザクションの判断をしていたわけです。

しかし、ブロックチェーンは売り手と買い手だけでコンセンサス(合意)をするこができるので、第三者である中央が不必要になってしまったのです。

簡単に言うとこれがブロックチェーンの仕組みです。

ビットコインの購入方法

ビットコインの購入方法

最後にビットコインの購入方法についてお伝えしたいと思います。

まずビットコインを購入するには取引所の口座を開設する必要があります。
取引所とは株で言う証券会社のようなものです。

現在日本には10社以上の取引所が存在しております。

・ビットフライヤー
・コンチェック
・ザイフ
・GMOコイン
・ビットバンク
・ビットポイント
・ビットトレード
などなど。

上記のいずれかの取引所の口座を作ることでビットコインは取得出来ます。

まああ、初心者の方であればビットフライヤーか、コインチェックあたりをつくっておくと良いのではないでしょうか?

まとめ

今回はビットコインについてまとめてみました。
是非、仮想通貨に興味を持たれた方は口座を開設してみて、いずれかの仮想通貨を取得してみてはいかがでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です